安価で使いやすいED治療薬メガリス

ED治療薬は、日本では現在3種類が正式に認可されています。

EDを改善するという共通した目的を持ちながら、それぞれの治療薬は効き目の出方が違っていて、それぞれに特徴を持っています。

EDに悩む方は、3種の治療薬の中から、自分に適したものを選ぶ事が出来るのです。

日本において正式に認可されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。

一方、海外には更に多くのED治療薬の選択肢があります。

海外には上記の三種類のED治療薬の他に、それぞれのジェネリック版が販売されているので、選択肢もジェネリックの数だけ多くなっているのです。

実は、こうした海外のジェネリック版ED治療薬は、日本でも個人輸入代行業者を通じて購入する事が出来ます

メガリスという治療薬も、個人輸入代行業者で購入出来るジェネリック版ED治療薬の一つです。

この治療薬は、シアリスと同様にタダラフィルを主成分としているので、シアリス・ジェネリックだと言う事が出来ます。

ED治療薬の効果の持続時間と購入方法

シアリスといえば、長時間効果が持続する事が最大の特徴で、その持続時間は最大で36時間とされています。

バイアグラの持続時間が最大5時間とされている事を考えれば、シアリスの持つ持続時間は驚異的だと言えるでしょう。

勿論、メガリスもシアリス同様に、効果の持続時間を最大36時間としています。

また、効き目がマイルドに現れるので、自然な感じの勃起が得られるのもシアリス系治療薬の特徴です。

バイアグラやレビトラは、効果が強く表れるので、効果が出ている事を実感しやすいのですが、その反面、使用感に不自然さを感じる方もおられます。

その点でシアリス系は、強く効果を感じる事は出来ないかも知れませんが、自然な勃起感が得られるので、治療薬を飲んでいる事を忘れてセックスを楽しむ事が可能なのです。

こうしたメガリスの持つ特徴は、デートでの使用に最適だと言えます。

効果の持続時間の長さを活かして、一回の服用で週末の間中効果を保たせる事も可能なのです。

通常、ED治療薬は24時間以内の連続使用は避けるべきだとされているので、2日間連続でED治療薬の効果を実感出来るのはシアリス系ならではと言えるでしょう。

また利き方がマイルドなので、デート中に効果が持続していても、不自然かつ突然に勃起したりしない事から、デートに最適と言えるのです。

さて、新薬であるシアリスを日本で購入すると、1錠あたり1,500円かかります。

一方、メガリスは個人輸入代行業者で4錠あたり1,800円以下で購入出来ますし、まとめ買いをすれば、4錠あたり1,000円を切る価格で購入することも可能です。

現在日本では、正式に認可されているED治療薬は新薬のみで、どれも購入には1錠1,500円程が必要になります。

しかし、個人輸入代行業者に目を向ける事で、遥かに安くED治療を入手する事も可能なのです。

タダラフィルを有効成分にしたED治療薬メガリス

性行為には男性器が硬く勃起することが重要ですが、高齢になるほど元気がなくなり、勃起力が低下していきます。

健康的な身体作りをしていれば、気力や体力も十分に備わっているためスムーズな勃起ができますが、運動不足や偏りがちな食生活を送っていると勃起が上手くいかずに、途中で萎えてしまう中折れや完全に勃起できないEDなどが起こることもあります。

男性器が硬くならない、勃起するまでに時間がかかるなど症状こそ違えど、満足な性行為が行えないことをEDと呼び、その症状を改善することができるED治療薬を使用することになります。

メガリスとは水に溶けにくい性質を持つタダラフィルを有効成分にしたED治療薬のひとつで、長時間作用型のPDE5阻害薬に分類されています。

勃起を維持するためには海綿体で分泌されるcGMPと呼ばれる物質が必要ですが、PDE5と呼ばれる酵素に働きを阻害されることで萎えるようになります。

服用するとPDE5を阻害するため、cGMPが活発に働き、勃起力を維持することができます。

また、血管を拡張する一酸化窒素を活性化させる働きもあるため、血液の循環が良くなることで海綿体への血流を増進させていつもより硬い勃起を実現してくれます。

メガリスの仕組みと服用タイミング

メガリスを含むED治療薬を服用すると、すぐに勃起して効果が切れるまで硬いままなのではと心配する人もいますが、EDを改善するためにサポートする薬なので、外部からの刺激や性的な興奮が起こるまでは勃起しない仕組みとなっています。

日常生活に支障はないので、必要な時に必要な量だけ飲むことで男性器の悩みを解決することができます。

メガリスは長時間作用型と呼ばれるように、服用してから非常に長い時間でその効果を実感できる特徴を持っています。

有効成分のタダラフィルは吸収性が悪く、服用してから効果が発現するまで40分〜4時間と個人差が大きいため、通常は性行為の3時間前に服用するのが一般的です。

これだけ間が空いていると、飲むタイミングが難しく感じますが、効果が持続する時間が20mgで最大36時間もあるので、デートの日の朝や前日の夜などに服用していても十分に効果があります。

全てのED治療薬は食事の影響を受けやすいため、空腹時に飲むことが必要とされ、服用するタイミングが難しくなってくるのですが、メガリスなら前もって飲んでおけば良いため、時間を気にせず使用することができるのがメリットです。

メガリスはインドの製薬会社が販売するジェネリック医薬品となるため、通常のED治療薬よりも安く購入できるのも強みとなり、多くの男性に愛用されています。

長時間の持続力が期待できるメガリス

メガリスは主成分としてタダラフィルが配合されている、シアリスのジェネリック医薬品となります。タダラフィルには長時間の効果が持続する作用と、飲酒や食事の影響を受けにくいという特徴があるために、勃起不全に悩んでいる人用の医薬品として世界中で使用されています。

ED治療薬としてはバイアグラやレビトラもありますが、これらと比較して副作用が発症することを抑制できることで、安全に使用できるED治療薬です。

タダラフィルはペニスの血流を促進する作用があり、服用してから性的刺激を受けることで効果が現れます。

メガリス自体に媚薬効果があるわけではありませんので、服用後において勃起を促進させるためには性的刺激が必要になります。1回につき1錠の服用を行うことで、最大で36時間の効果が持続します。

別のED治療薬であればバイアグラやレビトラは、服用してから4〜5時間の持続力となりますので、これらと比較すると長時間にわたって効果の持続が期待できます。

ED治療薬として医療機関で処方が行われているものは、バイアグラやレビトラ、シアリスとなっており、勃起不全治療薬のジェネリック医薬品は取り扱われていません。

通販サイトで個人輸入できるジェネリック医薬品 タダリス

日本国内の薬局や医療機関では購入できない、海外製のジェネリック医薬品となります。

日本国内において入手する方法は、個人輸入の代行業者が運営をしている医薬品の通販サイトを利用する方法となります。

自力でメガリスを入手することは困難ですので、通販サイトを利用してインターネット上で注文して購入することになり、1錠あたり140円ほどの価格で手に入れることができます。

メガリスは先発医薬品と同様に、性行為をする1時間前に服用することがおすすめとなります。

効果が発現するまでには個人差があると言えますが、服用してからおよそ30分前後で効果が現れることが多いです。

効果の持続時間が長いために、他のED治療薬と比較して性行為に対する精神的プレッシャーを軽減できる点が特徴です。

ED治療薬である以上は副作用を発症する可能性もあり、主な症状としては動悸、吐き気、腹痛、頭痛などが起きることがあります。

アルコールの影響は受けにくいとされていますが、過度にアルコールを摂取してしまうと、メガリスの効果を半減させてしまうことが考えられますし、副作用を増強させてしまうことがあるために、できる限り摂取は控えることがおすすめです。

亜硝酸アルミやニトログリセリンなどの医薬品を服用している人は、併用することで症状が悪化してしまう可能性があることから、服用を控えたほうが賢明です。