安価で使いやすいED治療薬メガリス

ED治療薬は、日本では現在3種類が正式に認可されています。

EDを改善するという共通した目的を持ちながら、それぞれの治療薬は効き目の出方が違っていて、それぞれに特徴を持っています。

EDに悩む方は、3種の治療薬の中から、自分に適したものを選ぶ事が出来るのです。

日本において正式に認可されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。

一方、海外には更に多くのED治療薬の選択肢があります。

海外には上記の三種類のED治療薬の他に、それぞれのジェネリック版が販売されているので、選択肢もジェネリックの数だけ多くなっているのです。

実は、こうした海外のジェネリック版ED治療薬は、日本でも個人輸入代行業者を通じて購入する事が出来ます。

メガリスという治療薬も、個人輸入代行業者で購入出来るジェネリック版ED治療薬の一つです。

この治療薬は、シアリスと同様にタダラフィルを主成分としているので、シアリス・ジェネリックだと言う事が出来ます。

ED治療薬の効果の持続時間と購入方法

シアリスといえば、長時間効果が持続する事が最大の特徴で、その持続時間は最大で36時間とされています。

バイアグラの持続時間が最大5時間とされている事を考えれば、シアリスの持つ持続時間は驚異的だと言えるでしょう。

勿論、メガリスもシアリス同様に、効果の持続時間を最大36時間としています。

また、効き目がマイルドに現れるので、自然な感じの勃起が得られるのもシアリス系治療薬の特徴です。

バイアグラやレビトラは、効果が強く表れるので、効果が出ている事を実感しやすいのですが、その反面、使用感に不自然さを感じる方もおられます。

その点でシアリス系は、強く効果を感じる事は出来ないかも知れませんが、自然な勃起感が得られるので、治療薬を飲んでいる事を忘れてセックスを楽しむ事が可能なのです。

こうしたメガリスの持つ特徴は、デートでの使用に最適だと言えます。

効果の持続時間の長さを活かして、一回の服用で週末の間中効果を保たせる事も可能なのです。

通常、ED治療薬は24時間以内の連続使用は避けるべきだとされているので、2日間連続でED治療薬の効果を実感出来るのはシアリス系ならではと言えるでしょう。

また利き方がマイルドなので、デート中に効果が持続していても、不自然かつ突然に勃起したりしない事から、デートに最適と言えるのです。

さて、新薬であるシアリスを日本で購入すると、1錠あたり1,500円かかります。

一方、メガリスは個人輸入代行業者で4錠あたり1,800円以下で購入出来ますし、まとめ買いをすれば、4錠あたり1,000円を切る価格で購入することも可能です。

現在日本では、正式に認可されているED治療薬は新薬のみで、どれも購入には1錠1,500円程が必要になります。
しかし、個人輸入代行業者に目を向ける事で、遥かに安くED治療を入手する事も可能なのです。